FXのオシレーター系の使い方

FXの取引スタイルの1つに、逆張りがあります。相場が逆の方向に動くタイミングを見計らって、取引するやり方です。逆張りのタイミングを確認する為には、オシレーター系と呼ばれるツールを見てみると良いでしょう。基本的には、そのツールの数字を確認する事になります。

オシレーター系のグラフで売り時と買い時が分かる

オシレーター系は、棒グラフで表現される事が多いです。例えばRSIというグラフがあります。そのグラフとローソク足を並べてみると分かりますが、一定の数字に到達した時には、相場が転換している事が多いのです。
上述のRSIというグラフの場合、30や70あたりが目安になります。30という数字に到達した時は、相場が売られ過ぎであると見込まれるのです。売られ過ぎている以上は、そろそろ相場が逆方向に動いてもおかしくありませんから、買うと良いタイミングであると判断できます。逆に、70という数字に到達した時は、売るべきタイミングと判断できる訳です。

トレンド追跡が目的のツールではない

ちなみにオシレーター系というFXのグラフは、あくまでも相場の転換点を探る為に使用します。トレンドを追跡する為に使われるのではありません。トレンド追跡の場合、また別のタイプのグラフを確認する事になります。
そもそもFXで稼ぐ方法の1つに、トレンドがあるのです。上昇もしくは下落のどちらであるかを確認した上で、取引するやり方があります。上昇トレンドになっている時は、基本的には買い注文する訳です。下落トレンドなら、その逆の取引をします。トレンドを追跡していくと、大きな利益を稼げるケースも多々あります。
ただ上述のオシレーター系のツールの場合は、トレンドを見極めるために使われるのではありません。あくまでも相場の状況が変わるタイミングを見極める目的で使われます。

ショックが起きている時はイレギュラーな状況になる事も

ただしそのツールも、金融ショックなどが発生している時には、たまに通用しないケースもあります。ショックが起きている時には、相場の勢いが非常に強いからです。
現に数年前のショックでは、RSIがずっとゼロのままになり続けた事があります。しばらくゼロであれば、どこが買い時なのかよく分からなくなってしまうでしょう。そのようなイレギュラーな事態も、たまにあります。ただ、その現象が発生する確率は低いです。
上記のような状況になった時は、時間軸を少し長めにするやり方もあります。5分足ではなく、月足など長めなチャートにしてみると、転換点が見えてくる事も多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です